ファッションのアクセントとして注目を集める缶バッチ制作

缶バッチ

缶バッチ制作の歴史

缶バッチ制作の歴史は、1828年にあったアメリカ大統領選までさかのぼるような深い歴史があります。また、アメリカ大統領選の宣伝広告のアイテムとして使われていたバッチは、元をたどってみると所属や職位、階級、資格などを示すものとして、ブリキがあった時代から発展しており、またシンボルとしても胸元や襟元に使われてきた歴史などがあります。さらに、飲料メーカーの記念として缶バッチが作られ、その希少価値が極めて高いバッチをコレクターが集めて楽しむようになっていき、そこから人気アイテムとなっていきました。
さらに歴史をたどってみると中世のときのヨーロッパまで及びますが、バッチは本来の意味合いの他に今ではキャラクターグッズやイベントなどといった記念品としても使われており、また限定品となっていて高価な価値にもなるため、コレクターズアイテムとしての意味合いなどが世間に強く認識されていくようになっていきました。また、バッチにも様々な種類があり、中が空洞になっていて金属製のものはピンバッチと呼ばれており、現在では様々な形の物もあり、インターネットで展開している店などからもバッチ収集のための取り寄せが可能になってきています。

注目記事

流行を作ろう!缶バッチ隊

山吹色と蛍光黄色を混ぜたように明るくベッタリと塗られ、ニッコリと笑いかけているような缶バッチを、流行っていたその昔に買った。天袋を片付けていると気に入った小物を入れていた紅茶の缶がでてきた。開け…

more

缶バッチ制作の歴史

缶バッチ制作の歴史は、1828年にあったアメリカ大統領選までさかのぼるような深い歴史があります。また、アメリカ大統領選の宣伝広告のアイテムとして使われていたバッチは、元をたどってみると所属や職位…

more